未成年の契約には親権者の同意が必要

・一人で契約しにいく場合

未成年の方が脱毛の契約をするには、親権者の方の承諾が必要です。ほとんどのサロンが二十歳未満の方に「親権者同意書」の提示をお願いしています。
親権者同意書は、各脱毛サロンのホームページでダウンロード出来きます。脱毛サロンによっては、二十歳未満の方がインターネットでカウンセリングの来店予約をすると、予約完了の返信メールに添付されてきたりします。
脱毛サロンの中には、「親権者同意書+電話確認」が必要な場合もあるので、電話確認が必要なサロンの場合は、予め親権者の方に電話が来る事を伝えておくとスムーズに契約する事ができます。

・親権者がカウンセリングに同席できる場合

親権者の方が、カウンセリングに同席出来る場合は親権者同意書のダウンロードは不要です。同席が必要なのは初回のみなので、可能であれば一緒に同席してもらって、脱毛サロンで親権者同意書を記入してもらいましょう。

契約の時の持ち物

・親権者同意書(同席の場合は不要)
・身分証明書
・印鑑
・クレジットカードまたは現金
・乗り換えの場合は他サロンの会員証

学生の方は学生証を持っていくと、学割プランがある脱毛サロンでは学割が適用されます。

未成年が契約する際の注意点

・支払い方法をよく確認する

脱毛サロンによっては、現金一括払いかクレジットカード払いのみのサロンもあります。その際、クレジットカードを所有していない場合、現金一括での支払いしか出来なくなってしまいますので、カウセリングでよく確認しましょう。

・クレジットカード払いの場合

親権者のクレジットカードを支払いとして使う事も可能です。その際に注意が必要なのは、クレジットカードによっては、カードローンの限度額が決まっているものもある為、全身脱毛などの大きい金額の美容ローンが通らない場合があります。平均300.000円から400.000円と、高額な金額になるため、そちらもよく確認しておきましょう。

・医療ローン払い出来るサロンもある

脱毛サロンの中には、現金・カード払い以外に、医療ローン払いが出来るサロンがあります。医療ローンを組む際には、「連帯保証人(親権者)直筆の契約書」と電話番号が必要になります。
現金一括は無理だし、クレジットカードは持ってないし・・。という方は医療ローンで全身脱毛する事が出来ますが、カウンセリングの際に親権者の同席をしてもらわないと、その日に契約出来ないので注意が必要です。